電気を付ける気もなく 風呂へも入る気もなく ただベッドに転んでる


11時過ぎたころだろうか 省吾が帰ってきた


あたしがいないと思ってるのか 独り言を


「彩音はまだか… まぁ 久々真知子に会うからって言ってたからな」


なんて言ってる




そして風呂から上がって寝室へ来た


あたしの存在にびっくりしてようで


「彩音…
どうした?電気もつけないで」


「あ・・・お帰り」


「真知子と会わなかったのか?」


「ううん 会ったよ」


「調子悪いのか?」


なんか優しい省吾




この作品のキーワード
同棲  別れ  後輩  裏切り  元カレ  喧嘩  上司  切ない  勘違い  幸せ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。