「大浦主任の奥さま
いつも主人が
お世話になっております。」


「主人の方こそ 
いつもお世話になって…。」


私は大浦 恒浩の 妻をしている。


でもそれは……本当の妻じゃなくて


雇われ妻……。


夫は他の人を愛している……。


そんな雇い主の夫を
私はいつしか愛し始めていた……。


契約違反の一方通行な愛を隠し


上手く演じる


夫婦ごっこ………………。


PS・ 温かいレビューをくださったみなさんに
感謝します~ありがとうございます!!



この作品のキーワード
夫婦  片想い  ヤンキー女  契約  年の差