日本のとある場所に、幽玄橋という橋がかかっている。


そして人々は、その橋を絶対に渡らなかった。


何故ならば…


その先にあるのは、



妖が支配している町があるからだ。



――そこで暮らしている人間たちは、妖怪の主である“主さま”が治める幽玄町から一生出ることはできない。


…主さまは女しか食わない。


主さまの姿を見た人間は、誰も居ない。


食われるその瞬間にしか、その姿を見ることはできない。


…幽玄橋の前には、常に金棒を持った赤鬼と赤鬼が立っていた。


夜は鬼火が辺りを青白く照らし出し、


あの先の幽玄町へ入る者は、人生を悲観している者たちだけ。


だが幽玄町で暮らす人間は、昼間は普通の人間と何ら変わらない生活を送っている。



主さまに食われることは最高の名誉。



その血となり肉となり、共に永遠を生きることができる。



だが夜になると外出禁止令が出て、通りを歩くことはできない。


歩いてもいいのだが、妖怪に食われる覚悟で歩かなければならない。



今日も百鬼夜行が行く。


主さまが率いる妖怪の大集団は人間に恐怖を植え付けながら、今日も行進する。



『百鬼夜行に出会うと死んでしまうよ』



だから夜が更けると、人々は戸を固く閉ざして外には出ない。



これは、主さまの物語。


主さまが出会った息吹(いぶき)との、物語。

この作品のキーワード
ファンタジー    和風  キュンキュン  溺愛  男目線  妖怪  甘々  ピンク13 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。