――――「きゃはははっ。
山岸くんたら、やあだ。
そんな訳ないじゃない」


「いやいや、野田先輩、マジで俺ら同期の中では人気高いんですよ。
先輩みたいな女性を連れて歩きたいな、なんてこの前の同期会でもずいぶん盛り上がったんですから」


「あら、どうしようかしら。
みんな奢ってあげたいけど人数が多くて私の財布じゃ予算が足りないわー」


「や、そんな。
マジで逆に俺らが奢りますから是非とも次の飲み会は来て下さいよ」


「えー、いいの?
私なんかが混ざると噂話が色々しにくくなるわよ」


「噂話だなんて。
俺らの集まりは健全ですよ。
マジで次、誘っていいですか?」


「いやだ、困ったわぁ。
じゃあ、一度お願いしようかしらー」








この作品のキーワード
俺様  オフィスラブ  美男子  同僚  大人  イケメン  ラブコメ