「ホム美さんは好きなタイプとかあるんですか?」

「え?」

席に着き、開口一番。
千津火はニッコリ笑顔を見せながら聞いた。
その隣には、眞宇人が何とも言えない顔をして座っている。

「好きなタイプかぁ……分かんないや。
でも二人ともカッコイイよね!」

「ありがとう!せっかくならボクと二人にならない?
マウト兄ちゃんつれないからさ」

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  コメディ  ホスト  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。