「……あ?」

名前を呼ばれ、紘哉は振り返った。

そこに立っていたのは、若い男。

薄いピンクのシャツに濃いピンクのネクタイ。
白いスーツ。
襟首まである、無造作に伸びた明るい茶色の髪。
紘哉と同じ細い切れ長の目。
そして膨らませている風船ガム。

この男――

「誰ですか?」

ハッキリ言って見覚えがない。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  コメディ  ホスト  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。