「こんな弱腰の探偵なんて見たこと無いッスよ。
ここに探偵がいるから俺達の出番はない?冗談よしてください」

「てめぇ……」

霞は静かに紘哉に歩み寄る。

「本当はそんな事言って、自信ないだけッスよね?」

「んなわけあるか」

「だったら捜査すりゃあいいじゃないッスか。そっちの方が僕もやる気が出る」

「どういう事だ……?」

紘哉が顔をしかめると、霞はニヤリと笑った。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  コメディ  ホスト  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。