その日の夜、紘哉達は再びエリスに召集された。

ノリノリの羽兎と焔美を追いやり、探偵二人は着替えをしていた。

潜入捜査をするならば、その場に応じた格好に変装しなければならない。

「――だからってコレは無いだろ!」

紘哉は更衣室にあった鏡をガシッと掴む。
隣で霞が苦笑いをしながら紘哉を指差していた。

「そろそろ行った方がいいッスよ」

霞はため息をつくと、更衣室を出ていった。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  コメディ  ホスト  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。