その頃霞は。

「――みんなクジ引いた?」

仲間の一人が声を掛ける。
霞は自分の引いた割り箸の番号を確認した。

「じゃあいきますよ?
王様だ~れだっ!?」

「あっ!!俺だ!」

灰色のスーツを着た男が嬉しそうに割り箸をブンブン振る。

王様ゲーム真っ最中。
霞のモチベーションは下がっていく一方だ。

「じゃあ……6番が3番の手の甲にチューってことで!」

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  コメディ  ホスト  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。