「東吾…、もう、やめて…」

「まだだ。やめない」


秋穂を思うままに抱きながら、二人の未来を考える。



――今日も、明日も、明後日も…
一年後も、十年後も…

…ずっと、隣にいる――――


そんな約束を、果たしてお互い守れるのか。

いつまでも絶えず当たり前の様に側にあると信じていた彼女の笑顔。

本当にあと半月足らずで無くなってしまうのか。


秋穂は…それでいいのか…?






この作品のキーワード
イケメン  大人  ラブコメ  俺様  美男子  同僚  オフィスラブ