食事を終えると、ブティックの店舗に移動する。
千華はカチっとしたスーツを選ぼうと、それらしい店に足を進めるが、古賀に腕を掴れた。

「何?」
「こっち」
「何よ、任せるって云ったくせに」
「こっちが似合う」
「……はいはい」
「こういう服が似合うの?」
鏡に当てて観てると、店員が寄ってくる。
「千華は嫌いか?」
「ううん。好きだけど」

(彼女の好みはどうなのよ?)

「御試着なさいますか?」
「着てみれば?」
「…………」
千華は複雑そうな顔をする。
彼はそんな千華の顔を見て、どこか楽しそうだ。
店員に試着室に案内されて、着がえて外に出てみる。
「良くお似合いですよ」
「はあ……」
千華は鏡の前に立つ。
鏡ごしに彼をみると、やはり彼は楽しげな表情をしている。
「古賀君はいいの?」
「千華が似合うなら」

(その基準は……果たして正しいの?)

「じゃ、いいみたいなんで……こちらでお願いします」
「はい。有難うございます」
千華が着がえてる間に、彼が支払いをすませたようだ。
「それに合う靴とバッグも揃えるか」
「あ、それだと喜ばれるかも」
しかし……千華は古賀を見上げる。
「古賀君」
「?」
「彼女の靴のサイズは? 服のサイズはあっても、靴のサイズは合わないわよ?」
「大丈夫」

(何故そこまで云いきれるの?)