そういえばと、ソファに座りながらヒロくんが呟いた。


「ん?」

「朝のコーヒーなんだけど」

「ブラックになったこと?」

「あれさ、やっぱミルク入れて」

「なんで?」

「あれはただの気まぐれ……じゃないな。給湯室でカホが世良課長の誘いにのってたから、ムカついて、つい……」

「うそ? 聞いてたの?」


それを聞いて当然、笑わないわけにはいかないわけで。

おかしくて涙を滲ませながら笑わせてもらいました。


「笑いすぎじゃねえ?」

「だって。ふっ……」

「だいたいカホがあのとき、目を逸らすからだよ。だから追いかけたんだ」

「そんなあ……それであんな場面に遭遇しちゃったんだあ」

「それにしても随分と簡単に応じていたよな。まあ、どっちにしても手を握り合う関係だったみたいだけど」


不貞腐れるヒロくんは、当たり前だけどわたしと世良課長の関係が相当気になるらしく。

ネチネチと訊いてくるので、仕方なく、あの日を含めて2回お食事に行き、2回目の食事のあとに手をつながれたとありのままを話した。