次の日のことだった。

お昼休みになってすぐお化粧室に行って事務所に戻る途中。


「だめですかぁ?」


廊下の先から甘えた声が聞こえてきて、思わず立ち止まってしまった。

あの後ろ姿は……

受付嬢の楓(かえで)ちゃんだ!

同い年の楓ちゃんとはエレベーターで一緒になると世間話しする仲で。

少しぶりっ子だけど、性格はいいのでわりと親交がある子。

なになに?

その楓ちゅんがいったいヒロくんになんの用なのよ!?


「わかった。とりあえず、あとで連絡するよ」

「本当ですかぁ! じゃあ待ってまぁす!」


そして楓ちゃんがヒロくんに小さいなにかを渡していた。

あれはもしかして?

連絡先を書いたメモ?

ええ?

しかもヒロくん、それ、受け取っちゃう?