梅雨の日

 たった一人の弟が突然逝きました。

 今まで二人姉弟だったのに、突然ひとりっ子になってしまいました。


 通夜・葬儀の日

 泣かなかったわたし

 「冷たい」のかしら?

 
 悲しみは、涙だけで、表現できない時もあるのです。


 その後、久しぶりに文章を書きたくなって、

 一気に書いて、何度も加筆訂正しました。

 わたしは、もう千回くらい読みました。



◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

  日本人は、桜の花を愛します。

  私も桜の花が大好きです。

  生家に桜の樹がありました。

  毎年、私の誕生日を祝ってくれるかのように

  満開の花を咲かせてくれました。


  その桜の樹は成人して数年後の台風で

  折れてしまいました。


  今は、もう、ありません。


  ほのかな淡紅色の花と

  黄緑色の葉を同時に

  楽しませてくれる桜でした。

  毎年、母がその葉で桜葉餅を作ってくれました。

  
  いまでも私のこころの中の桜は満開です。
  
  その想いをこの『桜ものがたり』に籠めました。


  生きていくにはいろいろなことが起こるので

  人を思い遣り信じるこころや

  自然の神々の力を呼び覚まし

  桜の花を愛でた時のような気分に浸れるよう

  ただただ

  しあわせな物語を書きたかったのです。


  是非、素晴らしい桜の風情と究極の愛を

  あなたのこころに感じてください。

この作品のキーワード
出生の秘密  純愛  宿命  運命  神の森  神の守  蜘蛛の糸  誘惑  嫉妬  静謐