★★★★★
城をめぐりめぐる本格ファンタジー
――運命とはかくも、儚く残酷なもの。なぜ、少女は戦場に降り立ったのか。

ここまで本格的に作り込まれたファンタジーは他にないと思います。
城をめぐりめぐる、いがみ合う二つの派、各々の宿命に立ち向かう人々。
王国をめぐる戦争は血なまぐさいお話ですが、その中に登場人物たちのドラマが練り込まれています。

明るい登場人物たちに心救われることもあれば、彼等の背負う運命に心苦しくなることもあります。

恋愛、青春、生きる。
人がつながるということ。
彼等の生き様は本当に魅力的で、長いながい長編にも関わらず二日で読み終えてしまいました。
生きる、その残酷さと抗う強さがこの作品に籠められています。野いちごには異色な、本格的ファンタジーですが、これは読んで損はありません。
pi-*
16/05/25 18:43

>>新着レビュー一覧へ