分厚い雲に覆われた空の下で、今日の授業は始まった。


シエスタ先生の魔物科の授業である。


「嵐になりそうだ」


空を見上げて、ディアンが呟く。


「ディアン、節介ペア組んでも相手にならないじゃない」


勝敗が解りきった勝負は、出来れば避けたい私だ。


お友達のブラッドベアを戦わせたくないのが本音。


「でしたら、僕の使役している魔物全てと戦います?」


サラリと言われ、私はディアンの使役している魔物が複数いるのだと知る。


まあ、使役出来る魔物が一体だけしかいないでAクラスにいる私の方が、ありえないんだろうけど。


「やめとく」


私は苦笑しながら、ディアンの提案を断った。


双方に被害が大き過ぎる戦いになりかねないからだ。


そんな時、雨がいきなり降り出した。


「授業中止!」


シエスタ先生の一言で、一斉に生徒が校舎へと駆け出す。

この作品のキーワード
キス  魔法  異世界    一途  精霊  契約  ファンタジー  甘々  瀬条戒音 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。