月を見上げる 君の隣で


  私はぼんやりとしていた


  記憶のはざまに何をみたの


  その伸ばした手は誰のため


  今はもう


  聞けないけれど