「えっ…と……あの…」


私は、言葉を理解すると、朝倉君が見れないでいた。


目をキョロキョロさせる。




すると、朝倉君は「やっと通じた……」

とそんな私を見て、安心した声を出した。



「まーまひるの場合、誤解を解くところが難関だからね…」

なんて、呆れた声を出したのは美砂だ。




「中山、こっち見て」

目の前の人にそう言われて、顔を両手でガッと上げられる。

すると、ぱっちりした朝倉君の目と私の目が合った。



「中山、俺の事どう思う?」


吸い込まれるような目……

ドキドキがハンパない。
でも、胸が凄く暖かいんだ。


これはきっと……


「……好き……」






自然とその言葉が出た。




その言葉を発すると、
教室にいた皆から歓声が聞こえた。




 

この作品のキーワード
わき役  高校生  イケメン  切ない  ドキドキ  勘違い  すれ違い  三角関係  短編  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。