「葵ちゃん、私別れたよ」



「エッ!?何言ってんの。
急に拓斗が愛海を連れ出して
上手くやってんのかと思ったら
別れたの!?」




「うん、やっぱり西藤君は私の事好きじゃないみたいだから。それに、こないだの・・・キス・・・の事も「何で怒ってんの?」って・・・」



「あいつそんな事言ったの!?ぶっ飛ばす」



「いいんだよ、葵ちゃん。やっとわかったの。
西藤君の本当の気持ち。だから、もう私は諦める事にしたし・・・キス・・・した事を謝らない人は私キライだもん。だから大丈夫。ね?」



「・・・」



キライになれないけど、キライにならないといけないんだ。

この作品のキーワード
可愛い  天然  イケメン  浮気  女好き  ヤキモチ  俺様  無愛想