「愛海~、今日さ放課後・・・あ!今日は1ヶ月に1回の拓斗と帰る日か!」


そう、私達は毎日一緒に帰るわけでもなく

1ヶ月に1回だけなのだ。

葵ちゃんは毎日帰れよ!

って言ってくれたんだけど

西藤君が1ヶ月に1回だけにしよう。

って言ったからそうする事になった。



もちろん私も1ヶ月に1回だけじゃ嫌だった

でも・・・西藤君に嫌われるのが嫌だったから


前西藤君はこう言っていた

ある女の子が『拓斗!私だけにスキって言って!』って


でも西藤君は

『お前のわがままウザイよ』


って言ってた。


西藤君はわがままが嫌いなんだ。



だから、私もわがまま言っちゃいけない。




「愛海~?」



「え?」



「ボーっとしてた?
もしかして熱あるんじゃない?」



「熱なんかないよ。大丈夫」



「そう?でもよかったね!

今日嬉しいでしょ~?

何てったって1ヶ月に1回のLoveLove登下校ですからね~」



「葵ちゃん~(照)」


「今日いっぱい話しておいでね?」


「うん」


西藤君と帰れる1ヶ月に1回はとても楽しみなんだ。

西藤君はどんな気持ちなんだろう。


この作品のキーワード
可愛い  天然  イケメン  浮気  女好き  ヤキモチ  俺様  無愛想