「よろしければ、今からお茶の時間なのですが、

 付き合ってもらえませんか」


 別荘の表札には【嵩愿邸】とあった。


 今まで、着飾って晩餐会に出かけるくらいなら、

勉学に勤しみたいと常々思っていた祐雫には、

嵩愿家が何処のお屋敷なのか分からずに、

珍しく気後れしていた。


「よろしゅうございますの。

 お邪魔ではございませんか」


 祐雫は、突然のお茶の誘いに躊躇しながらも、

慶志朗の笑顔に惹き寄せられていた。



「詩乃さん、

 可愛いお客さまがいらっしゃったので、

 お茶をお願いします」


 慶志朗は、祐雫が安心するように、

別荘の中に声をかけた。



「はい、かしこまりました。坊ちゃま」

 すぐに中から返事が返ってきた。