お風呂から上がってリビングに行くと、そこにはドライヤーを手にした猛さんがいた。



私の顔を見ると、ほんの少し目尻を下げて低音ボイスが「来い」と呼ぶ。



言葉のままに近づけば、優しく腕をとられて、猛さんの前にあるソファーに座らされる。



どうしたのかと猛さんを仰ぎ見れば、クスクス笑いながら龍二さんが現れた。



「はい、お水。喉が渇いたでしょ?」



そう言いながらグラスを差し出す龍二さん。



緊張して固まる私に、優しく微笑みながら「どうぞ?」と言って、私が手を出すのをじっと待ってくれている。




龍二さんは、私が怖がっていることを分かっていて、態と一定の距離から近づかないようにしてくれているようだ。



 

この作品のキーワード
溺愛  最強  ヤクザ  純情  年の差  孤独 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。