猛さんのマンションに戻ると、智也さんが私の部屋に荷物を運んでくれた。



制服を取り出しクローゼットにしまう私に、智也さんは「片付けが済んだら休んで下さい」と言って帰って行った。





持って来た荷物はあっという間に片付いた。






広い部屋にぽつんと一人残されると、嫌でも先ほどの香奈さんとの会話が蘇る。




別に引き止めて欲しかった訳じゃない。



心配してもらえると思っていた訳でもない。



私は望まれて生まれた子じゃない事ぐらい


分かっているつもりだった。



何も期待などしていなかった……




だけど、さっき香奈さんに“お前の存在が迷惑”だと言われ時、悲しさと虚しさで心臓が凍りつくかと思った。




いっそ、凍りついてしまえば良かったのに……



結局私は、実の親に二度も捨てられた。



―――ふふふ……



そう思うと、なんだか滑稽で笑いがこみ上げてきた。



 

この作品のキーワード
溺愛  最強  ヤクザ  純情  年の差  孤独 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。