服部璃音(はっとり りおん)という名の彼女は、突然俺の心の中に入ってきた。


彼女との出会いは、大学のサークルの新歓コンパだった。

上級生と新入生とランダムに座れと言われて、指示されたのが彼女の隣。
それは偶然だったけれど、俺にそこに座るように言った先輩に、今では深く感謝している。


俺たちのサークルは、まぁいわば遊びのためのもので、夏は海、冬はスキー……。

気の合った奴らが、つるんで遊ぶだけのもの。




テンションの高い俺たちの間で、委縮しているように見える彼女。
心なしか頬を赤く染めて、うつむいてしまっていた。



それでも、乾杯の後は、周りの先輩へ、ビールをついだり、料理を取り分けたり……。気が付けば、彼女は一口も食べていなくて、俺は思わず声をかけた。




この作品のキーワード
切ない  純愛  大人恋愛  障害  不器用  家族  事故  運命    婚約