璃音が夏休みの間、俺の部屋に来てくれるという。


俺の仕事が休みでないから……と言ったのだけれど、「迷惑?」なんて、拗ねたような声を出す璃音に、思わず笑ってしまう。


迷惑なはずがない。

ただ、休みの終わりに帰す自信がないだけだ。


彼女と会える日を指折り数えている俺は、まるで初めて恋をした中学生。
だけど、それでもいい。もう彼女不足で、気が狂いそうだ。




だけど、この選択が、彼女の運命を変えてしまった。



それが、俺のせいでもなく、ましてや、璃音のせいではないことは分かっている。

けれど、やっぱりあの時、俺が行けば……と思ってしまうんだ。



この作品のキーワード
切ない  純愛  大人恋愛  障害  不器用  家族  事故  運命    婚約