私には王子様がいる。

が、最低な王子様だ。

確かにイケメンで高学歴、高身長、高収入でって、いいとこだらけのように思えるけど、実態は女好きで、どスケベで、どSで、頭が切れる分、性格もすぐキレる俺様!

本当に最低の男だ。

若くして起業し成功したから、社長様である。

私は、その偉大な社長様の秘書という名の奴隷!

言い方を変えると王子様に従える侍女!

もう秘書(侍女)になって一年半。

よく頑張ってると自分で自分を誉めたくなる。

大学を卒業して就職って時に、内定してた会社が倒産!ってあり得ない目に合い、次を探してた時にこの会社を知った。

途中採用だったので、各課の手伝いって感じだったんだけど

…何故か半年後に回り回って秘書に抜擢。

初めは天にも昇る気分だったわよ。

こんな下っ端が秘書なんて…

でも周りのみんなの目が…羨ましいとかそんな目じゃなくて、なんて言えばいいのか、可哀想っていうか同情的な目。

訳分かんなかった。

複合ビルの一階分のオフィス、そんなに大きくはないから社長の姿は見たことはあった。

カッコイイ人だなとちょっと憧れもあったけど…




この作品のキーワード
俺様  ドキドキ  胸キュン  社長様  秘書  誘惑 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。