会社のビルの地下駐車場に車を入れて

「行くぞ」

「…はい」

社長の後について会社へ

「おはようございます」

出社して来る社員に挨拶されても社長様は、

「ん」

の一言だけ。

私が社長と一緒に出勤しても誰も何とも思わない。

いつも早朝から晩遅くまでこき使われてるのを知ってるから。

変な噂されないだけマシか。

「社長」

「……」

「更衣室に行きますので」

社長はそのまま自分のオフィスに行き、私は更衣室へ

「はぁ~」

やっと社長様から解放された。

「おはよう。朝からどよんでるわね」

「おはようございます」

「暴君ネロのご機嫌は?」

「先輩、ほんと何とかなりませんか」

「どうしたのよ?」

先輩は副社長秘書

私が唯一社長のことを相談出来る先輩だ。

「何考えてるのか全くわかりません。会話は噛み合わないし、すぐ怒鳴るし、無視するって怒るし」

「無視?あなた、社長を無視出来るようになったの?」

へっ?

そ、そんな尊敬するような目で見ないで下さい。

「む、無視なんかしてません。食事していて食べるのに夢中になってたら、無視したって怒られました」

「ハハハ…」

「先輩、笑い事じゃありません」

「可愛いじゃないの」

「か、可愛い!どこがですか?何か嫌味言うネタ探してるんです」

あれが可愛いなら雨蛙なんかアイドルよ!

「まぁ、頑張って!またお昼に愚痴聞いてあげるから…あの社長様のお守り出来るのは貴女だけなんですからね。ほら、もう行かないとまた携帯で呼び出されるわよ」

先輩の言葉が終わる前に


BuBuBu

携帯が!

発信者は…社長。

「はい」

「遅い」

「申し訳ありません。只今すぐに」



この作品のキーワード
俺様  ドキドキ  胸キュン  社長様  秘書  誘惑 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。