私の仕事のこと…

実は私も考えていた。

でも…もし、私が彼の会社に勤めたら、きっと周りがやりにくくなるだろうし…


私は、とっても自己中な考えを思いついた…

けど、先輩も貴俊さんもみとめてくれるかなぁ??


貴俊さんが帰宅し、話をしてみた…

『あの…貴俊さん。私の仕事のことで相談があるんだけど・・・

 私、今の会社やめようと思うの…

 でも、その後に、貴俊さんの会社に勤めたら、

 きっと周りの人がやりにくくなるだろうし…

 それで…(ここからが本題だけど)
 
 私、貴俊さんの妻として、

 貴俊さんの第二秘書的な仕事をさせてもらえないかな?

 お給料はいらないから…』


「はっはっ…なるほど…愛美いい考えだ。

 でも、働く以上、給料は払うから…

 それと、彼女も一緒に連れておいで…

 勇人の第二秘書として雇うから…

 勇人の奴…竜二が入れるコーヒーは飲めないとか言ってたしな。」


『いいの?勝手にそんなこと決めちゃって…

 私はできれば、会社のひとに奥さんだって言いたいんだけど』


「当たり前だ・・・愛美、これでも俺社長なんだけど・・・忘れてないか?

 それから…俺の妻だと始めに言っておく。

 うちの奴らに惚れられたらたまんないからな…」


本当に自己中なことなのに、

彼は了解してくれた…

後は、先輩にはなすだけ…

この作品のキーワード
年上  社長  お金持ち  俺様  恋愛  切ない  独占欲  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。