芳樹の予想は当たらず、何も起きない日々が数日続いた。

大学受験を控えてる上、事件にまで遭遇したら身が持たない。

紘哉は安堵のため息をついた。

そして今日も『店番』と称し、芳樹のデスクで参考書を開く。

「分かるわけねぇよ……」

紘哉はいつも通り、英語の参考書と格闘していた。

「頑張るねぇ」

「当たり前だ。落ちたら何か嫌で済む問題じゃ無いし」

この作品のキーワード
探偵  誘拐  推理  ミステリー  高校生  たまにギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。