毎朝暑さで目が覚める。
これも、夏の醍醐味といったところだろう。

しかし、今はそんな事を考えている暇ではない。
紘哉は制服に着替えると、階段を降りていった。
もちろん、ネクタイ着用だ。

事務所のドアを開けようとした途端、横の部屋から芳樹が飛び出してきた。

「朝ごはんはテーブルの上にあるから!」

「いきなりだな……」

そう言いつつ、芳樹の出ていった部屋に入る。
テーブルの上にはサンドイッチが置かれていた。

この作品のキーワード
探偵  誘拐  推理  ミステリー  高校生  たまにギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。