彼の長い指が婚約指輪に触れ、私の薬指から抜き取っていく。

それをテーブルへ乱暴に置かれても、咎める気持ちは特になかった。



二人きりの静かな室内で、微かな罪悪感と、抑えきれない彼への想いが交錯する。


彼の心が全て手に入らないと知っていても。
ほんの少しでいいから、私だけを見て欲しい。


明日、例え私のことを忘れても。
今この瞬間だけは──。



切ない吐息が、私のくちびるに届いた。


この作品のキーワード
結婚願望  地味  契約  婚約  腹黒  毒舌  プロポーズ  家族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。