カーテン越しに弱々しい朝日が差し込む1DKの自分の部屋。

夢から覚め、ベッドに入ったまま白い天井をぼうっと見上げる。

そういえば今日は、拓馬さんから連絡が来る日だったか……。


そのうち、私の思考は段々と現実的になっていき、昨日の拓馬さんからの誘いが急に面倒に思えてきた。

ちょっと顔が好みだからって、うかうかと誘いに乗っている自分が馬鹿みたいだ。
そんなことより就職活動しなくては。


私は頭を現実に切り替え、朝ご飯を食べたあと、履歴書に使う証明写真を撮りに行くことにした。

この作品のキーワード
結婚願望  地味  契約  婚約  腹黒  毒舌  プロポーズ  家族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。