安部裕子は毎日繰り返しの
日々に飽きていた。
そんな時に裕子が
耳にしたのが
トイレの花子さんがでるらしい
という噂
裕子はそれを確かめるために
深夜の学校に忍びこむのだが……?

目次