戸惑うあたしを尻目にかけるはあたしをお姫様抱っこして、ベッドにおろす。

「あ…翔…?あたし、準備が…」

突然で戸惑うあたし。

「準備ってなんだ?」

翔が眉根を寄せていう。

「その…色々と?」

「なんだよ色々って。」

「その…」

「もう待てるわけないだろ」

「え…きゃっ…か、かけ…」

気づいたときには翔の腕の中。

「思いっきり愛してやるよ」

「え……あっ…んん…」

服の上から胸を撫でられる。

「か、け、るっ…」

「真っ赤になった顔も可愛いな」

そういいながら、シャツのボタンを外していく。

「ちょ…まっ…」

ついには、ブラのホックを外されて露わになるあたしの胸。

「…や…やだっ…」

あたしは胸の前でをクロスする。

だって翔がみるんだもん…

「なんだよラム。今更恥ずかしがって。」

「だっ…てっ…恥ずかしいんだもん…」

「ラムは俺にすべてを任せればいい」

降ってくるキスの嵐。

「翔…っ」


























その日の夜は。


















忘れられない夜となった…?





























この作品のキーワード
家出  天然  恋愛  ワケあり  俺様  高校生  同棲  強引  偽装結婚  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。