「・・・い。」




頭がぼんやりする。




「・・い、おい!」




「!?」




目の前には三人の男の人。




ここは、私の家…?



私以外と和室好きなのよね。



部屋も勿論畳。




それにしても、私どうしてここにいるの?




うーん、と悩むけれど頭が朦朧として思い出せない。





もしかして記憶喪失ってやつ!?




いやああ!



少し冷静になって自分の名前を思い出そうとする。





私は、一之瀬 あずみ。




なんだ、ちゃんと覚えてる。


この作品のキーワード
新選組  歴史  沖田総司  甘々  土方歳三  幕末  新撰組  江戸時代  壬生浪士  ピュア