ベッドがギシッと沈む音がした。

かすかに聞こえた異音で、意識が現実に引き戻される。






「――」



うまく開かない目をなんとかこじあけると

穂積さんが枕元に肘をついて、私を見下ろしていた。



「――穂積さん……?」

「三時間、ぐっすり眠ってましたよ」



そして彼は、片方の手で私の頬の上に指を滑らせる。



「えっと……」



壁にかかっている時計を見ると、確かにお昼を回っている。