――――……






「――そこまでしろとは言ってないでしょう」



ケホケホとむせる私の目の端に浮かんだ涙を

穂積さんはあきれた口調でぬぐう。



私は彼の言うとおり

その……

口で、した。



しかもキッチンで

最終的には、彼が吐き出すものも、全部、飲んでしまった。


出しなさいって、言われたのに……。



「あなたは、俺がやれって言えば、なんでもするんですか?」