そして季節は冬……師走になり。


今年は例年よりも寒いとかで、窓の外にはときおり、ちらほらと降る雪が見える。






「――だから、今年も仕事、あるから……」

『そんなこと言って……あんたもう何年帰ってないと思ってるの……』

「――」

『いいから、今年は帰ってきなさい。いい年して、夢みたいなこと追いかけて……あんたそれで一生食べていけるわけないでしょうが……女なんだから、お姉ちゃんたちみたいに結婚して――』

「――今忙しいから。切るね」



プチっと携帯を切って。



「ああーーーーっ!!!!」



大声で叫ぶ私。


それから持っていた携帯を、クッションに向かって思い切り投げつけた。