私の言葉に、無言で目を細める穂積さん。


頬を指の背で撫で上げたかと思ったら

次は手のひらを置き、親指で唇の上をなぞる。


何度も、ゆっくりと唇の上を左右に動く親指。



ビリビリ、しびれちゃう……。



唇って

ごはん食べたり飲み物飲んだり

おしゃべりしたりするだけのものじゃないんだ……。


ただ触れられただけなのに、こんなふうに感じるものなんだ……。




ぼわーっと穂積さんを見上げていたら。



「目が潤んでますね。これだけで気持ちいいんですか?」



その妖しい微笑と、声に

背筋がゾクゾクする。