俺は眼鏡を掛けて足早に、ロビーのコンシェルジュデスクに戻った。



「何してたの?小早川さん」

片瀬が意味深な笑みを浮かべて、俺に問いかける。



「別に…000号室のお客様に呼び出されただけだ…」


「ふーん」


「チーフは?」


「休憩…」



「そうか…」



時刻は既に、昼を回っていた。



誰もコンシェルジュデスクには用はなし。
俺と片瀬は黙って、椅子に座っているだけ。


ピコピコ…ゲームらしき電子音が耳に入ってくる。



「片瀬??」


この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。