小説の続きのプロットを練りながらも…



ふと気が緩むと、愛斗との濃厚なキスシーンが私の脳裏に浮かぶ。



『ダメだ』とペシペシと自分のほっぺを叩き、愛斗とのキスシーンを脳裏から消し去る。


でも、また…私の脳裏に浮かんできて、自然とニヤッとしたイヤらしい笑みが口元に漏れてくる。



「!?」



パソコン脇に置かれたケータイが振動。



相手は愛斗と同じコンシェルジュの片瀬君。



ホテルで働く若手社員たちとはとっても仲がいい私。


皆、普段は真面目に仕事してるけど、プライベートでは、ノリが良くて、面白いのよねー。



愛斗の歓迎会!?










この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。