あれからも皇雅は時間ができると会いに来てくれた。


「…皇雅?
もし、この子が皇雅の子じゃなくても
ほんとうに愛してくれる?」

ほんとうに、最後まで育てることできる?


「あたりまえじゃん」
そうやってふって笑った

「…あたし………
あたしも……
皇雅と一緒にいたいです……。」

そういって久しぶりに皇雅に抱きついた

……だいすき。
好きすぎて怖いくらいに