――――ある、冬の日。

私は近所のドラッグストアの店内に居た。


……避妊具を、買うために。


でも、目的の売場がなかなか見つからない。



「何かお探しですか?」



店内をきょろきょろしながら歩く私に声をかけてきた店員は、私の探し物を最も尋ねにくい若い男の子だった。


聞きたいけど……どうしよう。



「お客様?」



彼は黙っている私の顔をのぞき込んでくる。


こうなったらもう、言うしかない……



「コ……コンドーム」



私はほとんど聞こえないくらいの声で呟く。



「……ぷっ」



ぷっ…て…

今、笑われた……?



「……何ですか?」


「いや、すいません……こちらです」



背中を向けて歩き出す彼。その肩が微かに震えている。


まだ笑ってる……恥ずかしい。


このおばさん何赤くなってんだよとか思われたんだ…


やっぱり言わなければ良かった……


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人