店の前まで来ると、彼女はすぐさま手を離した。

……ずっと繋いだままでもよかったのにな。


靴選びは彼女が一番安いのください、と言ったから案外早く終わった。


さて。

俺は彼女に向かって微笑む。



「行こっか、メシ」


「…どこのお店?あまり遠くには行きたくないんだけど」


「だいじょーぶ。すぐだから」



そう言って彼女の手を握り、強引に歩き出した。

……目的地は、俺んち。


さっきも手を繋いだからか、彼女も普通に握り返してきて可愛い。

きれいめの服なのに足下はスニーカーってのもアンバランスでそそる。



「……なに?」



…その上目遣い、だめでしょ。



「いや……カルボナーラって好き?」


「……まあ、好きかな」


「よし。じゃ気合い入れて作るから」


「え…?作るって……」


「さ、着いた」



アパートの前まで来ると、俺は彼女が逃げ出さないよう握った手に力を込めた。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人