『――その地図眺めていろんなとこ行った気になるのが好きでさ』



その言葉が意外だった。

なぜなら、私も地図を見るとき
同じことをして楽しむ。


もしかしたら彼はそんなに悪い人じゃないかもしれない。

単純にそう思って、慌ててキッチンに戻った彼を追った。



「茹で過ぎちゃった?」



コンロの前でひどく落胆してる彼に声をかけた。


張り切って作ってくれていたみたいだからショックよね、きっと……


鍋を覗くとパスタ自体は何の問題もなさそうだったから、私は茹で加減を確認した。



「丁度いいよ。アルデンテ」



彼をフォローするつもりで言うと、何故だか顔をじっと見られた。


家で作ってみたいと言うと、彼に旦那のためかと聞かれた。




“――旦那”



その存在を、私はこの家に来てから初めて思い出した。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人