忘れよう……忘れるのよ今日のことは。


頭の中で呪文のようにそればかり唱えて歩いていると、いつのまにか自分の家の前だった。



急いで夕飯を作って、彼が帰ってきたらいつも通りの顔でおかえりなさい、って言えばきっと大丈夫――……



鞄の中から鍵を探り当てて顔を上げると、玄関の電気が点いていた。



「嘘……」



それは夫が先に帰っている証拠だった。



恐る恐るドアを開けると、ほくほくといい香りが家中に漂っていた。


不思議に思っているとリビングのドアが開き、夫が出てきた。



「おかえり。どこか行ってたの?」


「うん……ちょっと買い物に……
今日は、随分早いのね。まだ、夕飯の支度できてなくて……」



急いで靴を脱いで家の中に上がる。



「カレーでいいなら作っといた。腹減っちゃってさ」


「ありがとう。私もお腹すいちゃった」



よかった……何も疑われてない……

そう安堵した時だった。



「……あれ、買い物行ったのに手ぶらなの?」



彼にとっては単純な疑問。

でも私の心臓は大きく跳ね、必死で言い訳を探した。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人