愛し合った翌朝、夫は機嫌良く会社へ出掛けていった。


私もなんだか気分が良くて、門の外まで出て笑顔で彼を見送る。


さて、洗濯洗濯……


玄関に戻ると、昨日買ったスニーカーに目がいってしまい、私は立ち止まった。


見えないところに、しまっちゃおう。
これ見ると、嫌でも思い出しちゃうもの……


まだ真新しいそれを靴箱の奥にしまいこみ、ふぅ、とため息をついた。



「これで、昨日のことを思い出さなくて済むわ」



私は気を取り直して、家事に戻った。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人