「ありがとうございましたー」


またのお越しを…は、面倒だから心の中だけで呟く。

また、暇になった。

掃除でもするかとモップを出してみたけど、少し床を磨いてすぐに飽きた。


…さっきの主婦可愛かったなー。やっぱ連絡先聞いとけば良かった。


結婚指輪して年だって20代後半か30代ぽかったのに、ゴム買うだけであんなにうろたえるか?普通。



「……ふっ」



赤くなった彼女の顔を思い出すと、つい笑みがこぼれる。



「……何一人で笑ってんだよ?気持ち悪いぞ、佐久間」


「あ、店長……メシ終わったんすか?」


「あぁ。あそこのラーメン屋美味くなかった」


「だから言ったじゃないですか。俺が前に行ったときも……」



なんてくだらない話をしていると、不意に休憩室から電話の音が聞こえた。



「珍しいなこんな時間に……クレームだったら面倒くせ」


ぶつぶつ言いながら小走りで向かう店長。

クレームだったら面白そうだと俺も後からついていく。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人