「同じアパートだったの?こりゃ運命だわね」





ハハハと笑いながら、

各部署専用の休憩室に設置された、紙コップのコーヒーを一口飲んだ同僚。





「笑い事じゃないわよ……。同じ会社の人間と同じ屋根の下で住むなんて」





その同僚の横で、深いため息をついて肩を落とす私。





「その派遣クンがまさか、空き部屋だった椿の部屋の隣に住んでたなんて、運命以外の何物でもないじゃない」

「――運命なんて軽々しく使わないでよ。あっちはどうか知らないけど、少なくとも私は彼に、運命なんて微塵も感じないわ」





茶化す同僚を一刀両断した私は、


数日前に起きた夜の出来事を思い返していた……――。












「――課長もここに住んでるんですか」



神城は驚いた表情で私を見つめる。




えっええ…とどきまぎしながら答えると、


神城の視線が私の顔から手元に落ちた。







「……惣菜か。料理苦手なんですか?」

「うっ、うるさいわね!そんなの貴方には関係ないじゃない」





私は顔を真っ赤に染めると、

慌ててスーパーのビニール袋を体の後ろに隠した。

この作品のキーワード
オフィスラブ  男子  年下  結婚  部下  肉食系  オトナ女子  草食系  派遣  上司 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。