私は人を恨み、憎み、さんざん傷ついてきた。





そんな私の前に現れた一人の男。


その名は、龍崎優。(りゅうざきゆう)